©2019 by Ecological Tours, Inc., a 501(c)3 not-for-profit organization.

510.859.4410

Seaweed Tours

よくあるご質問

ご用意頂くアイテム、注意事項など

 

海藻を収穫するための器具


  • 海藻を入れるための大型および中型の強いビニール袋とバケツなどが必要です。新鮮な海藻は、乾燥した状態の海藻と比べるとはるかに大きく、水分を含むために重くなります。オレンジやじゃがいもに使われている網の袋の再利用がオススメです。

  • 海藻の収穫用に小型ナイフ、ハサミ、または剪定ばさみなどが必要です。塩水に触れることからものによっては錆びる可能性はあります。100円ショップのハサミでも十分です。

服装について

  • 海藻収穫用のフットウエアですが、足元が海水に1時間ほど浸かる可能性があり、滑りやすい海岸沿いを歩くことになるので滑りにくいフットウエアの準備は必須です。ゴム長靴に滑りにくい靴、wet sock bootiesの他、濡れても大丈夫なスニーカーなどがいいでしょう。防寒用のゴム長靴はオススメですが、例えば古いスニーカーにウールの靴下を履くのでも大丈夫でしょう。

  • 服装については個人差があるので、これがベストというものはありません。海水に膝から下が1時間ほど浸かっても構わない方は服が濡れることを想定したご準備をお願いします。その場合はウェットスーツのほか、綿でない素材(ウールまたはフリース)のズボンまたは(寒さに強い方は)短パンなどのご用意が必要でしょう。水に浸からず収穫作業を進めることは可能です。ただ、岩場は滑りやすく水に浸かりたくなくても滑ってしまい、水に浸かってしまうことはままあります。岩は鋭いので怪我がないようにご注意願います。長ズボンを履くことで予防をするのも方法です。(以上、いろいろですがウェットスーツをお持ちの場合はウェットスーツのご着用に間違いはない、と考えます。)手袋はお勧めですが、頻繁につけたりはずしたりできるグローブのような手袋がいいでしょう。ガーデニング用のゴム製グローブなどは便利です。

  • 収穫後のフットウエアのご用意、つまり濡れていない靴を一足ご用意頂くことはお勧めです。収穫後に羽織ることができる乾いている防寒具をご用意頂くのもいいと思います。海岸線沿いの天候の予測は難しいです。重ね着は強くお勧めします。

  • 収穫しながら海藻を乾燥したい方は大きなビニールマット、あれば網戸(スクリーンドア)などをお運びいただくことをおすすめします。大きな海藻を吊す場合はロープや太めのひもがあると便利です。強風の場合は洗濯バサミの利用が必要になります。

キャンプ用品

  • 必須アイテムはテント、寝袋とその下に敷くクッション、雨具、防寒具、ハイキングブーツ、帽子/日焼け止め、リュックサック、食料とお菓子、キャンプ用の椅子、懐中電灯、飲料水、焚き火用の木など。オプションアイテムはノートにペンまたは鉛筆、カメラ、水着など。

  • 最も重要なのは、冒険心です。

共同キッチンについて

  • 農場のキッチンをご利用いただけますが、鍋にフライパン、ナイフ、スプーン、フォークなどの調理器具、キッチンボールはもちろんのこと、塩や胡椒を含めたスパイスの用意はございません。お料理のご準備に必要な食材や器具はすべてご持参ください。

  • 一部の食事はスタッフにより準備されます。(1日目の夕食、そして2日目の昼食など。)ツアーに含まれている食事以外は(特に2日目と3日目の早朝の朝食または2日目の夕食など)は各自ご自身でご準備頂くことになります。ご了承くださいませ。

  • 確認ですがスプーンやフォーク、またお料理に必要な調理器具のナイフやへらなどもご自身でご用意ください。スパイスだけではなく調理用油などの用意も農場にはありません。ちなみに農場にはいくつかのバーナーや大きなストーブはあります。それらの器具の利用は可能となります。

参加年齢について

海沿いの岩や海藻は滑りやすく大人でも危険で注意が必要です。参加者が12歳以上であることを強くお勧めいたします。

未成年者がご参加の場合はツアー参加の保護者の方に終日ご監督いただくことは必須条件となります。安全第一を

優先しています。ご了承ください。

キャンセルポリシー

チェックイン14日前までにキャンセルをされた場合は、全額払い戻しを致します。チェックイン7日前にキャンセルをされた場合は、50%のご返金となります。チェックイン7日以内にキャンセルの場合はご返金はございません。

その他のご質問について

上記以外でご不明点があった場合は info@seaweedtours.org にお問い合わせくださいませ。